Recruit

私たちのゼミでは・・・・
意欲を持って入学したものの、何もつかめずに苦悩している学生
これまで惰性的に過ごしてきたものの、在学中に何かを成し遂げたいと考える学生
・社会科学のいずれかの分野に強い興味・関心のある者

をはじめとして、大学院進学希望者公務員志望者教員志望者将来的にみて、組織の中で人を使う必要がある人などを募集しています。何よりもゼミ活動を大学生活の中心とし、大きく羽ばたきたいと考えている学生に来て頂きたいです。

またこのゼミでは、自助努力はもちろんの事、「生徒」ではなく「学生」たろうとする意識が求められます。兎に角自ら学ぼうという姿勢が大切です。

homu.html

ゼミ活動の内容について・・・

ゼミ活動は、主に大学で正規の時間割上で行われる講義課外活動(個人別・グループ別)に分かれます。


・正規の演習は、財政学あるいは経済学の本を使います。章または節ごとに各担当者が割り振られ、担当者は自分の与えられた部分についてレジュメを作成して報告し、その報告についてみんなで意見や質問をぶつけ合うディベート形式をとります。

また、関口ゼミを修了するには、財政学にちなんだテーマを取り挙げ、卒業論文を執筆していくことになります。そのために3年間で3つの段階を歩いていくことになります。
第1段階として、財政学を学ぶ前に、「社学」ということで経済の勉強をしていない学生が大半なため、政治・経済に親しんでもらうためにも、時事的な話題本や初歩的なミクロ経済学・マクロ経済学の教科書を読み、経済学の基礎知識を習得します。
第2段階として、「財政学」にちなんだ読み物で勉強します。理論的・制度的なことは、通常講義「財政学」で学ぶのでそれと第1段階で習得した知識を使って、財政の現状や問題点を自分なりに分析する力を養います。
第3段階として、これまでの段階で学んだことを活用して、卒業論文として研究したいテーマを自分で探し出します。そして、資料集めや論文の構想を打ち立て、先生や大学院生の方々のご指導・ご鞭撻を頂きながら執筆をすることになります。

・ゼミの時間は、勉強にだけ使うのではなく、課外活動の打合せや就職活動の報告会などにも利用しています。

・課外活動には、月1回の飲み会だけでなく、他大学(明治大学や沖縄国際大学)との合同ゼミやOB会などがあります。                              

・この他にも課外活動として、ゼミ通信(いわゆるゼミ新聞)の作成や文化祭の模擬店(まだ検討中)などがあります。


トップページに戻るhomu.html